音楽・動画公開ブログ→日々徒然
音楽や動画などを気軽に見て貰う事などを目的としたブログです!宜しくお願い申し上げます!→日々徒然何か書いていきます
プロフィール

work24

Author:work24
音楽好きです!
何卒宜しくお願い申し上げます!

記事の日付を見て貰えば分かると思いますが、約2年10ヶ月ぶり位に戻って来ました
思う所が多々あります

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツエリア

コスプレ★ドロップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラメ・カレイ、目の偏りは脳のねじれから
20100118-00000767-yom-sci-view-000.jpg

ヒラメ・カレイ、目の偏りは脳のねじれから

1月18日15時2分配信 読売新聞

 「左ヒラメに右カレイ」という目の偏りは、脳のねじれから始まることを、鈴木徹・東北大農学研究科教授(魚類発生学)らが突き止めた。

 ねじれる方向を制御する遺伝子も特定した。人工飼育では目の位置が本来と逆になることも多く、養殖技術を改良する手がかりにもなりそうだ。

 ヒラメとカレイは、誕生時は左右対称の形だが、20~40日後に目がそれぞれ左と右に偏り始め、体色も目のある側だけが黒っぽくなる。

 鈴木教授らは、右目と左脳、左目と右脳をつなぐ視神経のX形の交差部で脳のわずかなゆがみが最初に生じることを発見。そこから脳全体のねじれが進み、目の位置も片方にずれていくことを確認した。

 さらに、人の心臓が左側に形成される際にも働く内臓の位置決定遺伝子「pitx2」が、ヒラメやカレイでは誕生前だけでなく稚魚の段階でも再び働き、脳のねじれを調節することがわかった。遺伝子操作でカレイのpitx2の働きを妨げると、目が左に偏ったり左右対称になったりした。

 人工飼育したカレイでは、目の位置が逆のものが20~30%を占めることもある。鈴木教授は「稚魚の生育環境の違いがpitx2の働きを抑えるのではないか」と話している。



凄いですねえ
思わず引用してしまいました

深海魚とかみたいに水圧とかではないのですね










スポンサーサイト

テーマ:生物学、生態学 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://work24.blog64.fc2.com/tb.php/1078-8b0792ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。